ホテルインターゲート大阪梅田宿泊記

2021年4月、ホテルインターゲート大阪梅田に宿泊しました。

4月1日にオープンしたホテルに4月2日に宿泊してきました。

はっきり言って新しいという理由だけで予約しました。

オープン直後のホテルって良いですよね。

ミーハーです。

ホテルインターゲートはサンケイビルが運営するホテルで、ビジネスホテルのカテゴリーにはなるものの、朝食や客室に上質さを求めたいという客層向けのちょっと良いホテルという位置づけのホテルです。

インターゲート大阪梅田に関しては建物もよくある四角いだけのビジネスホテルとは一線を画すデザイン性に富んだ建築となっています。

私はSPGアメックスユーザーなのでマリオット系のホテルを優先的に利用するようにはしているのですが、基本的に価格が高いマリオット系よりも総じてコスパが良さそうなホテルに宿泊することも楽しみの一つです。

今回のホテルとは関係ないですが、SPGアメックスの概要は以下の記事で確認してください。

早速建築概要から行きましょう。

私が利用している予約サイト「Trip.com」は他サイトに比べてお得なプランが多数ありますので是非利用してみて下さい。

 

建築概要

建築主:㈱サンケイビル、不二鉱材㈱

設計:竹中工務店

施工:竹中工務店

延床面積:16743㎡

階数:地上18階、地下1階

立地はJR大阪駅桜橋口から徒歩5分程度です。

近くにはハービスエント大阪などがあるエリアです。

オフィスや飲食店が近くにたくさんあるのでビジネスにも観光にも使いやすい立地です。

また、設計施工が竹中工務店ということはビル自体にそこそこお金がかかっており、サンケイビルの本気度が伝わってきます。

2、4~18階がホテルとなっており、1階には高級車の販売店が入っています。2階がロビー、レストラン、18階に大浴場、その他階が客室という構成です。

チェックイン

ホテルには夜20時ごろ到着しました。

2階のロビーへ上がるためのエントランスが建物東面に設けられています。

エスカレーターを上がってロビーへ行きます。

ロビーは大阪に関する本で埋め尽くされた本棚で囲われています。

この本たちは自由に読むことができます。

カラフルな意匠で楽しい感じになっています。

2階には荷物を預けることができるロッカーがあります。

このホテルでは荷物をチェックイン前やチェックアウト後に預かってもらう場合はこのロッカーを自分で使用するというシステムになっています。

チェックインは最新式のタッチパネルで済ませ、客室に向かいます。

写真を撮り忘れましたが、化粧水や髭剃りなどの歯ブラシ以外のアメニティはフロント横のアメニティバーからセルフで持っていきます。

これが意外と良くて、雪肌精などの有名どころですし何個持って行ってもOKです。

客室

今回はデラックスダブルルームという少し広めのお部屋を予約しました。

16階のお部屋で眺望はまずまずです。

道路側に少し広い部屋が並んでおり、Rがかかった部分がスイートです。

おしゃれな廊下の内装です。

客室は新しいだけあって非常に清潔感があり、想像以上に広く感じます。

リビングスペースも広めに確保されており食事や仕事をするのに十分です。

壁の大阪の地図を模したアートがおしゃれです。

最近のホテルにはこういう地図アートが非常に多いです。流行なのでしょう。

水やコーヒー類もしっかり用意されています。

ケトルはデロンギでこのクラスのホテルにしては良い物が使われています。

水回りはユニットバスでアメニティは本当に歯ブラシしか置いていないのでフロント横で必要品は持っていくようにしましょう。

最新のホテルにしてはユニットバスは珍しいのですが、このホテルには大浴場がついており、客室のお風呂の価値が小さいことを考えるとこれで良いと思います。

ドライヤーはよくあるパナソニックです。

客室は綺麗で広くて良いですが、この広さならクイーンではなくてキングサイズベッドを置いて欲しかったというのが私の感想です。

大浴場

このホテルには大浴場が備えられており、最上階18階に設けられています。

最上階に大浴場を配置するということはこのホテルの売りであることが感じられます。

大浴場では写真が撮れないので、公式サイトから持ってきた画像を載せておきます。

大浴場は細長い形状をしており、浴槽内がブルーの光でライトアップされていておしゃれです。

洗い場も多く、サウナと水風呂もついていてビジネスホテルの大浴場としてはこれ以上ないくらい広くて充実していました。

シャンプー類も棚から好きな銘柄のシャンプーを持って行って良いスタイルになっていて、気が利く内容でした。

女風呂ではサウナはなく、代わりにジャグジーがついているそうです。

ジム

フィットネスジムもついています。

大浴場の隣にあり、眺めのよいジムです。

設備は最低限という感じでしたが、ジムがあること自体が珍しいのでありがたいですね。

朝食

朝食は2階のレストランでいただきます。

ブッフェスタイルでの朝食でした。

私が取ったものはこんな感じです。

大阪らしくお好み焼きがありましたし、牛すじの煮込みといったちょっと変わったメニューもあり楽しめました。

また、泡活と題してスパークリングワインを朝から提供しており、無料で飲み放題です。(土日のみ)

朝から酔っぱらいたい人には最高の朝食ですね。

写真が少なくて申し訳ないです。ブッフェ会場でバシャバシャ写真を撮ることが苦手です。

まとめ

ピカピカの最新ホテルに泊まった感想ですが、客室はデラックスルームならかなり余裕があります。

二人でもゆったり寛げるでしょう。

このホテルの何が一番良かったかというと大浴場ですね。

広くて充実したお風呂です。お風呂が付いているビジネスホテルって他にもたくさんありますが、ワンランク上と感じました。

朝食でスパークリングワインが飲めたり、ロビーのインテリアがエネルギッシュな感じであったりと遊び心を取り入れて楽しい滞在になるような工夫が随所に見てとれるホテルでした。

今回は1泊2名1室朝食付きで9000円でした。安いと思います。

私が利用している予約サイト「Trip.com」は他サイトに比べてお得なプランが多数ありますので是非利用してみて下さい。

 

総合評価

立地:★★★★☆

JR大阪駅から近く、利用しやすいです。

サービス:★★★☆☆

荷物やアメニティなどセルフな要素が多いので、自分で何かをするのが嫌な人は向いていないかもしれませんが、個人的にはシステムは非常に良いと思いました。

客室、設備:★★★★☆

新しくて広い客室は満足のいくものでした。

コスパ:★★★★☆

朝食付きで1泊1万円以下で大浴場もついていると考えると非常にお得感があります。

出張費に収まる人も多いと思うので、ビジネスシーンでも使いやすいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました