一級建築士による建築コンサルティング

工事費をはじめとする建築に関するお悩みを解決します

お問い合わせはこちらから
ヒルトン系ホテル宿泊記

コンラッド東京宿泊記

2021年9月、コンラッド東京に宿泊しました。

コンラッド大阪に以前宿泊してとても良かったのでコンラッド東京にも泊まってみようということで泊まってみました。

今回は妻の誕生日のお祝いで宿泊しました。

コンラッド東京は日本で最初のコンラッドです。

実はコンラッド東京は計画段階ではセントレジス東京になる予定だったというのは有名?な話です。

今回は普通に宿泊して朝食食べただけです。

早速建築概要から行きましょう。

私が利用している予約サイト「Trip.com」は他サイトに比べてお得なプランが多数ありますので是非利用してみて下さい。

 

建築概要

ビル名:東京汐留ビルディング(ホテル部分28階~37階)

建築主:森トラスト、住友不動産

設計:森トラスト、住友不動産、安井建築設計事務所、竹中工務店

施工:竹中工務店

延床面積:190,256m²

階数:地下4階、地上37階

2005年竣工の東京汐留ビルディングの高層階に入居している高級ホテルがコンラッド東京です。

森トラストはひたすら外資系ホテルを誘致しまくるデベロッパーです。最近でこそマリオット系ばかり誘致してますが、かつてはヒルトン系も誘致しています。

大江戸線汐留駅直結で新橋駅からも近く、アクセスも抜群です。

目の前には浜離宮が広がっているため眺望も良いです。

すぐ隣に電通本社ビルという東京でも屈指のバカデカビルが建っているせいで何だか小ぶりにすら感じますが、普通に超大規模ビルです。

2005年竣工なのでもう15年以上経っているホテルなので、バリバリの最新ホテルという感じではないですが、古き良き高級ホテルという雰囲気でもない立ち位置ですね。

チェックイン

複合ビルあるあるですが、ホテルのエントランスはオフィスとは別で駅から行くと若干迷います。

1階のエントランスから高級感しっかりです。

EVで28階のロビーへ向かいます。

天井高が高いロビーです。

濃いめの木目調がコンラッド東京のキーカラーになっているようです。

コンラッド大阪ほどの圧倒的なスケールは感じませんが、開放感があります。

ちょっと残念だなと思ったのは眺望が良い窓際がすべてカフェラウンジ内にあるので宿泊客はあまり眺望を楽しめる場面がありません。

ショップもあります。何が売っているのかはわかりません。

今回はシティビューということで眺望が良い側ではなく、ビルが全面に見える部屋でした。

客室

廊下めちゃくちゃ長いです。桜模様のカーペットは若干寒い印象ですね。2020年代なら採用されないでしょう。

客室はめちゃくちゃ広くはないですが、45㎡位で十分な広さです。

窓際が全部ソファになっていて高層感を味わうことが出来ますが、目の前がビルで眺望はいまいちです。

眺望を求める場合は少し価格が上がりますが浜離宮側にしましょう。

床の桜柄とベッドボードの桜柄がいかにもな日本感主張で私はダサいなと思ってしまいました。

アヒルとベアを貰えるのはコンラッドならではで嬉しいですよね。

最近では結構当たり前になっていますが、スケスケお風呂はオープン当時は衝撃だったでしょう。

水回りはこんな感じで大きな丸鏡が特徴的です。

これ最近のホテルならザラザラ系の石調タイルを使いますが、黒のツルツルタイルになっているのは若干の年季を感じます。

アメニティはさすがの充実度です。シャンプー類はコンラッド大阪と同じものですね。

なんとドライヤーはレプロナイザーです。最高級ドライヤーです。ポイント高い。

トイレは独立しています。

紅茶はTWGです。

ミニバーめちゃくちゃあります。

相当なお値段なのでさすがに手が出ませんでした。

こういう和を感じれる設えもあります。

コーヒーは6杯も飲めます。

これは何となく写真撮りました。

客室は総合的に価格の割には大した感動はなかったなと思います。

コンラッド大阪と比べても単純に狭くて古臭いです。

朝食

朝食は27階のオールデイダイニングでいただきます。

ブッフェ形式+オーダーメニューです。

オーダーメニューではトリュフモンブランパンケーキとオマール海老のオムレツをいただきました。

ブッフェはさすがの品揃えと美味しさでした。

ただ、レストランの開放感や高級感は若干物足りなさを感じました。

ブッフェの陳列写真はみっともないので普段から撮りません。申し訳ないです。

まとめ

コンラッド東京の宿泊記でした。

コンラッド大阪の印象が良すぎたため、コンラッド東京は全面的にコンラッド大阪に劣ると思います。

価格は1泊2名朝食付きで4万円弱でした。コンラッド大阪より価格は若干安いです。

価格の割にはイマイチだったなあというのが正直な感想で、東京では後発のラグジュアリーホテルにハード面で優勢性はないなあと思いました。

とはいえ妻の誕生日としてのサービスは十分なもので、大変気持ちの良い滞在でした。

総合的に難しいホテルだと思いました。

眺望ならリッツ・カールトンが圧倒的ですし、おしゃれさならアンダーズが圧倒的ですし、どっしりした高級感ならマンダリンの方が上ですし、競合ホテルに強い優位性がない高級ホテルでした。

総合評価

立地:★★★★★

駅直結なのでアクセスは抜群です。浜離宮側の眺望は素晴らしいものです。

客室、設備:★★☆☆☆

このグレードのホテルとしてはアートワークの量や、仕上げの高級感はイマイチです。オープンから15年という古すぎるわけでもなく、新しくもない時間経過が期待と現実のギャップを生んでいる印象でした。また、シティビューの部屋の眺望はかなり辛いです。高層階なのに目の前ビルです。

サービス:★★★★★

素晴らしいホスピタリティでした。気持ちのよい滞在でした。

コスパ:★★★☆☆

コスパは良くないです。東京で4万円クラスのホテルであればもっと最新でイケてるホテルが色々あります。

私が利用している予約サイト「Trip.com」は他サイトに比べてお得なプランが多数ありますので是非利用してみて下さい。

 

シェアする
TOMOをフォローする
ゼネコンマンのホテルステイ