帝国ホテル大阪宿泊記

2020年11月、帝国ホテル大阪に宿泊しました。

最近大阪方面へ出かけることが多いのですが、今回は縁がありまして帝国ホテル大阪への宿泊に招待されました。

日系ホテル御三家と言われるのが、オークラ、ニューオータニ、帝国ホテルですが、中でも帝国ホテルは日本に三つしかなく、東京、大阪、上高地にあります。

どれもラグジュアリーホテルとして長年存在感を放っているホテルです。

私はミーハー体質なので、新しめの外資系ホテルとかライフスタイルホテルを選ぶ傾向があるので、帝国ホテルのような古き良き高級ホテルに宿泊する機会は少なく、今回のご招待は大変ありがたかったです。

自分では中々選ばない高級ホテルに泊まれたことの喜びを込めて書いていきます。

今回は素泊まりで滞在時間も短かったので少し味気ない記事になります。ご了承ください。

建築概要から見ていきましょう。

私が利用している予約サイト「Trip.com」は他サイトに比べてお得なプランが多数ありますので是非利用してみて下さい。

 

建築概要

建築主:三菱マテリアル、三菱地所

設計:三菱地所設計

施工:大林組、大成建設、竹中工務店、清水建設JV

延床面積(ホテル部):66212㎡

階数:地下2階、地上24階

開業は1996年でもう25年近く経っています。

帝国ホテルが持っている建物ではなく、三菱地所が持っているビルに帝国ホテルが入っているという構図です。

桜ノ宮公園に隣接しており、最寄り駅は桜ノ宮駅です。

大川が目の前を流れており、大阪市内ですが風情あるロケーションです。

大阪駅から行く場合は少し距離があるので、シャトルバスかタクシーを使うことになります。

立地的には大阪駅周辺の高級ホテルには敵いませんが、車で行きやすいというのは人によってはメリットにもなるでしょう。

結婚式や会合も盛大にできる大型シティホテルです。

チェックイン

今回は大阪駅からタクシーで向かいました。

5分から10分で着いたと思います。

車寄せでお出迎えしていただき、ロビーへ。

スタッフの対応はさすがです。親切な対応でした。

クラシカルな内装とふかふかの絨毯がいかにも古き良き高級ホテルという感じです。

天井の意匠は凝っていますね。

個人的な趣味で申し訳ないのですが、こういう西洋風でゴージャスな内装は確かに重みがあって良さも理解できるのですが、私はもっとシンプルでスタイリッシュな内装のホテルが好みです。

いつも考えてしまうのが、この西洋風ゴージャスな感じを日本、さらには大阪で作る必要がどこにあるのかということです。

金持ちが喜ぶだけじゃないのかと。すみません、独り言です。

すでにクリスマスの装いになっていました。

ここで写真を撮れば思い出になるでしょう。

狙ってはいないと思いますが、絨毯のカラーもクリスマスっぽいです。

1階から3階まででしょうか。非常に大きな吹き抜け空間にラウンジがあります。

贅沢に空間を使っています。

ロビーのトイレが凄かったので写真撮ってしまいました。

最近の建築ではこういう完全個室タイプのトイレは普通ありません。

普通はブースタイプなので、珍しいです。

客室

今回は11階のお部屋で、一番小さいタイプのお部屋を用意してもらいました。

EV内にバラが刺さっていました。よくわかりませんが、おしゃれです。

スタッフの方に部屋まで案内していただける点に格の高さを感じました。

廊下の質感は素晴らしいです。

これほど高級感のある廊下は大阪のホテルでは中々見ません。廻り縁とかとても凝っていますね。

お部屋はこんな感じです。

何かびっくりするような設えではないですが、広くて機能的です。

ちょっと古臭さを感じる部分もありますが、逆に最新のオサレな客室だと帝国ホテル感がないですよね。

ド真ん中ストレートといった内装がむしろ安心感を覚えます。

ミニバーエリアはシンプルです。引き出しはガラガラです。

洗面は鏡が側面にもついた豪華な作りです。

これでもかというくらいタオル類が置いてあるので、安心感があります。

築25年くらい経つので、洗面トイレ風呂が一緒になっているのは仕方ありません。時代の流れです。

アメニティは充実しています。

ミニボトルなのも良いですね。

水回りにケチをつけるとしたらドライヤーが至って普通の安そうなやつだったことでしょうか。

まとめ

今回の滞在は素泊まり且つ深夜チェックイン、早朝チェックアウトだったのであまりゆっくりできませんでした。

レストランの写真などはありません。

今回は招待いただいたので宿泊費はいくらだったのかわかりませんが、素泊まりで3万円くらいはするホテルです。

日本人が考えるザ高級ホテルというイメージを見事に体現しているホテルだと思いました。

ピカピカでおしゃれな最新ホテルも良いですが、こういうゴリゴリの格式高い雰囲気を好む人も多いでしょうから古くなってもその価値は落ちていくことはないと感じます。

スタッフの方の対応は最高と言えます。

ただ自分でお金を出して泊まるかというと答えはノーですね。

立地は不便なところにありますし、内装の設えも一昔前という感じですからどうせなら最新で話題のホテルに行きたいという気持ちがあります。

私の場合スタッフのホスピタリティは不快にならなければ良いくらいに考えていますので、こんな意見になりますが、おもてなしされることに重きを置く方にとっては他の高級ホテルより遥かに優れていると思います。

良い経験ができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました