ホテル阪急レスパイア大阪宿泊記

2020年11月、大阪へ行く予定がありリーズナブルで良いホテルがないか探したところ、ホテル阪急レスパイア大阪がヒットし、宿泊することにしました。

レスパイア大阪は大阪駅直結の高層ビル、ヨドバシリンクスに入居しているためアクセスは抜群です。

リンクスはレストランやフードホールが充実している商業ビルで、隣のヨドバシカメラと一体となって大規模商業ビルとなっています。

レスパイア大阪はホテルとしての良さや機能云々の前にその立地の圧倒的便利さというアドバンテージがあるので、多少サービスや客室に不満があっても許せるだろうと考えて行きました。

カテゴリーとしてはビジネスホテルに毛が生えた程度の金額のため、ビジネスホテル+αといったところでしょう。

早速いつものように建築概要から見ていきます。

私が利用している予約サイト「Trip.com」は他サイトに比べてお得なプランが多数ありますので是非利用してみて下さい。

 

建築概要

建築主:株式会社ヨドバシホールディングス

設計:五洋建設

施工:五洋建設

延床面積:109805㎡

階数:地上35、地下4階

大阪駅界隈の高層ビルは大抵は大林組や竹中工務店が施工するのですが、このビルは五洋建設とかなりレアなケースですね。

ヨドバシホールディングスという不動産開発にはあまり慣れていない会社が建築主ですからコスト重視の決定になったのでしょう。

五洋建設はマリコンという湾岸エリア建設工事が得意な会社ですので、街中の高層ビルの実績は少ない会社です。

実績作りのために多少採算的に厳しくても受注したのかもしれません。

リンクスという商業施設が地下から8階まで入っており、9階にホテルロビーがあるという構成で、最上階は35階とかなりの高層フロアに客室があるホテルです。

大阪駅からは2階の連絡通路か地下から行くとスムーズにホテルのエントランスに到着できます。

2階から行くときは雨に濡れるのが難点です。

チェックイン

1Fのエントランスはこのような感じです。大阪駅からB1Fを通ってホテルにアクセスするときはこのエントランスからになりますが、連絡歩道橋を渡ってくる場合は2Fに専用エントランスがあります。

しっかりした車寄があるので安いホテル感はないですね。

リンクスのタクシー乗り場としても利用されています。

ロビーがある9回までEVで上がります。

ロビーは非常に広々としています。

天井が高く、カウンターの反対側は一面中庭を望むガラス張りとなっており、高層ビルが立ち並ぶエリアにも関わらず圧迫感がありません。

コーヒーも飲めるようになっていて、待ち合わせなどにも使いやすそうです。

タブレットや柱に埋め込まれた電光掲示板が最近のホテルという感じです。

下のフロアのレストラン街へ行けるエスカレーターもあり、ご飯を食べに行くのも楽ちんです。

チェックインは少し並びました。

受付フル稼働で対応していましたが、それでも結構並ぶほど人が来ていました。Goto恐るべしです。

700室を超える大型ホテルなので、繁忙期の土曜日の夕方などは混む日は並ぶことを覚悟した方が良いでしょう。

チェックインの対応は良かったです。並んだことに対するお詫びの言葉もあり、親切な対応でした。

客室

今回の客室は11階のお部屋でした。

EVは手前と奥で止まるフロアが違います。

非常に客室数が多いホテルなので、この設計は当然ともいえます。8基もEVがあります。

廊下はシンプルでスタイリッシュな設計です。

突き当りに絵があるのはよい設えだと思います。

今回はダブルベッドの部屋でした。

19㎡と聞くと非常に狭く感じますが、意外と収納もあり悪くありません。風呂とトイレと洗面も分かれています。

テレビを見るには最高の配置です。

内装はシンプルで特に気になるところはありません。

天井が斜めになっているのはおしゃれなのか何か意味があるのか気になりました。

意外と大きなクローゼットです。

最近はこういうベッドルームと空間的につながっている洗面が増えましたね。

狭く感じさせないための工夫として一般的になっています。

ミニバーも一体にしてしまっています。

アメニティは一通りあります。

特徴的なのは子供用のハンカチと歯ブラシが置いてあることです。これは珍しいです。

子供連れには嬉しいでしょう。

ただ、希望者のみにすればよい気もします。

標準的なユニットバスです。

十分な大きさです。

レインシャワーもついています。

シャンプー類はボトルタイプで良い香りでした。

ドライヤーは良くホテルにあるやつです。

客室は総じて値段を考えれば納得の設えです。

悪く言えばビジネスホテルレベルですが、寝るだけなので良しというほどでもなく快適に過ごせると思います。

朝食

朝食は9階のレストランでいただきます。

グリリアートクオッカというレストランです。

非常に大きなレストランで、空室率は低い日だったと思いますが待つことなく案内してもらえました。

ホテルマンの方はコロナ対策バッチリでした。

普段はブッフェみたいですが、コロナ対策ということでプレートの朝食です。

和と洋が選べますが、私は洋にしました。

写真のとおり至って普通のラインナップで味の方も至って普通でした。

周りにいくらでも飲食店があるエリアなので、わざわざホテルで食べる理由はないと思えました。

もう少しこだわりがある料理があると良かったかなと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

新しいホテルなので、全体的に非常に綺麗ですしスタッフの対応も良いです。

値段も1室1万円もせず、立地の良さは言うまでもなく抜群なので梅田エリアではビジネスでも観光でも使いやすいと思います。

高級感はないですが、カジュアルで明るい雰囲気のホテルです。

大阪駅エリアであまりお金をかけずに泊まるときにまた利用したいと思いました。

宿泊特化型なのでホテルでゆっくりしたいとかそういう使い方は他のホテルでやったほうがよいでしょう。

朝食は個人的にはおススメしません。もっと安くておいしいものが大阪駅周辺にはあります。

私が利用している予約サイト「Trip.com」は他サイトに比べてお得なプランが多数ありますので是非利用してみて下さい。

 

総合評価

立地:★★★★★

文句なしの立地です。アクセス抜群です。

サービス:★★★★☆

特に困ることはありませんでしたが、チェックインが並びすぎです。

客室、設備:★★★☆☆

かなり狭いので、もう少し何とかしてもらいたいものです。

コスパ:★★★☆☆

1万円を切る価格でないと宿泊はやめた方が良いと思います。得られる満足感は5000円程度のビジネスホテルと大差ありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました