~大成建設~建設業界の企業解説

建設業界で一級建築士として働く私が、建設業界について噛み砕いて、そして率直に解説します。主要な会社については一社ごとに紹介します。

普通の就職活動ではわからない、各社の特徴や評判まで脚色ありまくりで書いていきます。

あまり信じてもらっても困るのですが、大枠は外さないつもりですので参考程度にはなるはずです。

業界全体の記事はこちら

今回は大手5社の一角、大成建設について紹介します。

データは2019年度有価証券報告書に基づき掲載しています。

概要

社名

大成建設株式会社(東証一部)

キャッチコピー

地図に残る仕事。

売上高(連結)

1兆6508億円

経常利益(連結)

1579億円

売上高の内訳

土木事業4391億円
建築事業10876億円
開発事業1148億円
その他92億円
合計16508億円

・開発事業比率(国内)約7%

・土木事業:建築事業=1:2.5

社員数

連結14433人 本体8490人

平均年齢

43.0歳

平均継続年数

18.3年

平均年収

1051万円

創業

1873年

設立

1917年

有名なプロジェクト

・新国立競技場

・横浜ランドマークタワー

・JRセントラルタワーズ

・カントー橋(ベトナム)

解説(ここからは私見が入ります)

業界大手の一角で、売上高は大手5社で4位。

君の名は。で一躍有名になった新海誠監督を売れる前からテレビCMで起用し、建設会社のCMとは思えない美しいアニメーションで建設業界のイメージアップに大いに貢献している企業で知名度も高い。新海監督が売れてからCM製作費は上がったのだろうか。(誰か教えてください)

大手5社の中では売上の中で土木工事と開発事業の占める割合が大きく、駅ビルも多数手掛けるためインフラ整備という観点で街づくりに大きく貢献している企業である。

海外での巨大インフラ工事も手掛けており、過去に大赤字になった工事もあるが技術力は疑いようがなく、現在も海外事業は拡大傾向にある。

最近話題になったのがやはり新国立競技場の建設である。コストや納期がどう考えても厳しい国家プロジェクトを工期を守り納めたのはさすがであるが、下請け従業員の自殺事件でヤリ玉に上がってしまった。

国家的大規模プロジェクトはやりがいもある分、現場にかかる負担が非常に大きいため現場監督や作業員が追い込まれるのは別に大成建設に限った話ではない。建設現場で心を病んでしまう人はどこにでも存在する。そういった人にどれだけ早く部署移動をさせてあげるかが重要で、大成建設というより下請け会社が早く対応するべき事件であった。

建築工事は東京圏で特に実績が多い。逆に地方では若干シェアが低いか。中部圏ではJR東海との関係が良好なようで、名古屋駅セントラルタワーとJRゲートタワーを施工している。

企業体質は建設会社の例にもれず、年功序列で堅実。

平均年収は大手5社の平均的な水準で、日本国内企業では十分に高給。

非同族企業なのでトップダウンからボトムアップ型に変革しようとしているとは思うが、伝統ある大企業なのですんなりはいかないと予想される。

東京でランドマークとなるような建築に携わりたい人や、土木関係で日本を代表する建造物をやりたいという人にはぜひ検討してもらいたい企業である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました