ホテル宿泊記ホテル情報マリオット系

フォーポイントバイシェラトン名古屋 中部国際空港宿泊記

2020年の大晦日にフォーポイントバイシェラトン名古屋中部国際空港に宿泊しました。

セントレアのそばにあるホテルで、初日の出をホテルの客室から見るために宿泊しました。

私は名古屋に住んでいるのですが、セントレアからの初日の出は名古屋近郊では有名なスポットで一度行ってみたいと思っていました。

セントレア界隈のホテルはビジネスホテルが多いのですが、ちょっといい感じのホテルということでこのホテルを選びました。

また、私はSPGアメックスユーザーですのでマリオットのゴールドエリート会員です。

大晦日でも特典は受けられるのか気になったという点も今回の記事のポイントです。

SPGアメックスについては下記の記事をご覧ください。

早速建築概要から行きましょう。

建築概要

建築主:積水ハウス

設計:積水ハウス

施工:積水ハウス

延床面積:14050㎡

階数:地上12階

積水ハウスの開発事業として設計から施工まですべて自社で手掛けているホテルです。

積水ハウスはマリオット系ホテルの誘致事業に力を入れている企業で有名なところではリッツカールトン京都や道の駅フェアフィールドなどがあります。

空港近くにマリオット系ホテルがあるというのはインバウンド需要にヒットしていますし今後も増えるかもしれません。コロナでどうなるかわかりませんが。

客室の半分くらいが海を向いていおり、そちらの部屋でなければ初日の出を部屋から見られないのですが、予約の際に海側の部屋を選ぶことはできないので当日運任せになります。

チェックイン

セントレアへは電車で向かいました。

ホームを出ると左側にホテルのサインがあるのでわかりやすいです。

歩いて5分くらいでホテルには着きます。

外観はビジネスホテルっぽさはありますが、おしゃれにまとまっています。

エントランスには飛行機のプロペラのモニュメントがあります。

空港そばのホテルという土地の特性を生かしていて好感が持てます。

入り口はこんな感じです。

大晦日ということもあり門松が置いてありました。

ロビーです。

内装はアメリカンスタイルでレンガ調やヘリンボーン柄のシートが各所に貼ってあります。

高級感はないですが、スタイリッシュでおしゃれな内装ですね。

奥のバーはコロナの影響で閉鎖されていました。

普段は外国人で賑わってると予想されますが、この日は日本人ばかりでした。

チェックイン時に気になる部屋のアップグレードは特にありませんでした。

最も数が多いスタンダードという部屋でした。

しかし、窓際の部屋は確保していただけたのでありがたいです。

アップグレードできなかったお詫びにとドリンクチケットをもらえました。

アップグレードはあくまでその日のホテルの都合で決められるものですから、こういう計らいは嬉しいものです。

ちなみにスパークリングはポールスターなので格安です。

客室

今回は9階の海側のお部屋でした。

EVロビーもアメリカンです。

ホテルの廊下としては珍しく自然採光があります。

客室はキングサイズベッドがあっても圧迫感がないサイズ感です。

内装が意外と凝っていて価格を考えると非常に作りこまれている印象です。

ベッド上の壁紙は飛行機をあしらった特注品ですし、テレビ横の配管を見せる演出も飛行機をモチーフとするこのホテルにぴったりです。

エアコンの吹き出し口が普通は四角ですがわざわざ丸になっています。

水もありますし、ケトルもスタイリッシュです。

ミニバーは良い物はないですが、最低限は揃っています。

収納スペースも大きいです。

空港そばなので荷物が大きい人が多いでしょうから良いですね。

水回りは珍しいレンガ調のタイル張りです。外資ホテルでもこの雰囲気は少ないと思います。

最近多いトイレ洗面セット+浴室のスタイルです。

お風呂には椅子があります。これは珍しいです。

アメニティは揃っていますし、このクラスのホテルでは珍しくミニボトルが置いてあります。

パジャマはよくある薄いやつです。

初日の出をこの部屋からしっかり見ることができました。

どうでしょうか?素晴らしい眺めです。

朝食

朝食は2階にあるEVOLUTIONというレストランでいただきます。

写真で分かるようにこのホテルの共用部はとにかくレンガ調です。

朝食はビュッフェ形式です。

私はブッフェ会場で写真を撮りまくれるほど傍若無人ブロガーではないので取ってきたものを載せます。

正月なのでおせちメニューやお雑煮がありました。お雑煮は東海地方でよくある鰹ベースのものです。

朝食は品数が多くて満足できると思います。

売店

このホテルはなんと売店があります。普通こういうおしゃれな感じの外資系ホテルには売店はありませんが、ここにはあります。

Wrappedという名前です。

お菓子やお酒はもちろん土産物もあります。

特徴的なのは常滑市の名産である常滑焼のマグカップなどがあることです。

売っているものは全体的にコンビニというよりセレクトショップっぽい品ぞろえです。

まとめ

人生初の大晦日ホテルステイを楽しみました。

初日の出を最高のロケーションで楽しめました。

このホテルはマリオットのカテゴリーではカテゴリー4と安いホテルですが、内装のオシャレさや朝食のクオリティなど高い完成度でまとめられています。

今回は大晦日にも関わらず1泊朝食付きで16000円と安かったです。

名古屋に住んでいるのでまたリピートしたいと思います。

セントレア界隈では間違いなく一番でしょう。

私が利用している予約サイト「Trip.com」は他サイトに比べてお得なプランが多数ありますので是非利用してみて下さい。

 

総合評価

立地:★★★☆☆

セントレアから直通ではなく雨に濡れます。

サービス:★★★★☆

カジュアルなホテルですが、しっかりした対応です。

客室、設備:★★★★★

安っぽくなりがちなニューヨーク風な内装ですが、細部まで考え抜かれていて素晴らしいデザインだと感じます。

コスパ:★★★★★

カテゴリー5でも納得のいくホテルです。

シェアする
TOMOをフォローする
ゼネコンマンのホテルステイ

コメント