一級建築士による建築コンサルティング

工事費をはじめとする建築に関するお悩みを解決します

お問い合わせはこちらから
ヒルトン系ホテル宿泊記

コンラッド大阪宿泊記~エグゼクティブスイート~

前回の記事ではデラックスツインについて紹介しました。

今回は2泊目に宿泊したエグゼクティブスイートについて紹介します。

コンラッド大阪で結婚式を挙げるとエグゼクティブスイートに宿泊できます。

エグゼクティブスイートに宿泊するとクラブラウンジが使えるという特典があり、このクラブラウンジがハイレベルです。

今回は純粋に楽しんでいたので建築的な話はなしです。

私が利用している予約サイト「Trip.com」は他サイトに比べてお得なプランが多数ありますので是非利用してみて下さい。

 

客室

35階のエグゼクティブスイートです。

このスイートは約100㎡あり、単純に普通の部屋の2倍の広さです。

入り口手前がリビングスペースで、これだけで通常の部屋の1部屋分なので非常に広いです。

ソファとテーブルを置いても十分な広さがあります。

奥がベッドルームで今回は結婚式での宿泊なので、素敵な飾り付けがされていて嬉しいです。

あまりアートワークなどの装飾品は使われておらず、シンプルな印象です。

貧乏なのでスイートなど普段泊まりませんが、何件かホテル建築に携わっているので分かるのですが、スイートってスイートにしか使わない高級な仕上げ材をふんだんに使ったりします。

こちらのスイートはそういった仕上げを使っているわけではなく、普通に広くなった部屋という印象です。

そういうのが楽しみたければ最上級のコンラッドスイートに泊まらないとダメなようです。

テーブルには色々サービスが置いてあります。

チョコ、フルーツ、日本酒、ウイスキーのです。

山崎の水というのは始めて見ました。ウイスキーは山崎ではなく、オールドパーです。オールドパーもうまいです。

スタンダードな部屋と同じ感じのドリンクスペースです。

食器やミニバーも充実しております。

ケトルにアイスストッカーもあります。

これはスイートならではですが、化粧台があります。

女性には嬉しいですよね。洗面台は取り合いになりますからね。

リビングとベッドルームを繋ぐ形でクローゼットスペースがあります。

とても広くて、荷物どんだけあっても大丈夫です。

洗面は2台です。

普通のデラックスルームとの違いはドライヤーがダイソンになっている点です。

個人的にはサロニアのほうが好みなんですが、ダイソン派の方も多いでしょう。

お風呂はデラックスルームとほとんど変わりません。

配置図はこんな感じで、1フロアにスイートは1部屋ですね。

部屋からの眺望はこんな感じで北向きです。

北向きは梅田エリアが見渡せるので楽しいです。このときはまだ阪神阪急ビルの建設中でしたね。

エグゼクティブスイートはとにかく広いのが最高です。普通の部屋と姶良家に違う部屋のゴージャスさ(内装の高級感)を求めるのであれば、さらに上のスイートにしなければなりません。

エグゼクティブラウンジ

エグゼクティブスイートに宿泊するとエグゼクティブラウンジを利用できます。

他のホテルではクラブラウンジなどとも呼ばれます。

いつでも飲み物飲めて軽食を楽しめて、お酒も飲み放題という天国のような場所でホテルステイ最大の贅沢感であるとも言えるラウンジですが、コンラッド大阪クラスのラグジュアリーホテルになると、その贅沢感も最高潮といったところでした。

ラウンジは39階にあり、39階の客室エリアはラウンジと客室は最上級スイートしかないというスーパー贅沢設計となっています。

ラウンジに入ると「結婚おめでとうございます」と言われ、ホテル内で私の名前は結婚式を挙げた人として周知されているようでした。さすがですね。

ラウンジにはあちらこちらに雑誌が置いてあって好きに読むことが出来ます。

ラウンジアクセスができるのはラウンジ付きのプランで泊まるか、スイートに泊まるか、ヒルトンダイヤモンド会員であるかのどれかなので、どれも相当金がかかります。

中にいる方々はどこかブルジョワな雰囲気を醸し出している人たちばかりでした。

あと、天井のケイカル板の曲線を使った割付がおしゃれでした。

楽しめるドリンクは様々です。

コーヒー紅茶は当然のこととして、アルコールも豊富です。

アルコールは17:00以降のみだったと思います。

ビール、ワイン、スパークリング、ウイスキーなどめちゃくちゃあります。

私はウイスキー好きですが、グレンリベット12年とシーバスリーガル12年を飲み放題というのはありがたいですね。

グレンリベット12年はスーパーポピュラーシングルモルトで、ウイスキー界隈でのど真ん中ストレートです。

あと、瓶のコーラって嬉しいですよね。

ティータイムとカクテルタイムで食べることができるメニューは変わるのですが、結構色々あります。大抵の人は満足できるクオリティだと思います。

特にスライダーが美味しかったです。

エグゼクティブラウンジはこれまで行ったことがことがあるラウンジの中では1番素敵でした。

高級感のある内装もそうですし、メニューも豊富でした。

一つ難点を挙げるとすると、サービスが行き届き過ぎていてスタッフの人がめちゃくちゃいます。

常に見張られているような印象は受けました。

まとめ

コンラッド大阪エグゼクティブスイート宿泊記でした。

今回は結婚式での宿泊で、宿泊費用は結婚式費用に込だったのでいくらなのかわかりませんが、ネットで調べると1泊10万円くらいはするようです。

高すぎ!

通常の予約ではちょっと手が出ないですね。

何と言ってもラウンジに行けるというのが素晴らしかったです。

ただ、ラウンジに行きたいだけならラウンジ付きのデラックスルームもあるのでそっちでも良いかなと。

人生でも有数のラグジュアリー体験だったと思います。

部屋については単純に広さが通常の部屋の二倍になるという印象なので、部屋自体の雰囲気が変わるわけではないという点は事前に知っておくと良いかなと思います。

私が利用している予約サイト「Trip.com」は他サイトに比べてお得なプランが多数ありますので是非利用してみて下さい。

 

シェアする
TOMOをフォローする
ゼネコンマンのホテルステイ