メルキュールホテル京都ステーション宿泊記

https://all.accor.com/B4F4

2020年9月、メルキュール京都ステーションに宿泊してきました。

メルキュールというと、外資系ホテルグループであるアコーのブランドの中では安めのホテルブランドです。

アコー系は日本に少ないので日本人に馴染みは少ないですが、メルキュールは意外とあります。

各地にありますが、イメージとしては結構古い印象の方も多いのではないでしょうか。

私個人としては中途半端なイメージがあるホテルでした。

ビジネスホテルではないが、シティホテルとして考えると微妙という感じです。

しかし、メルキューホテル京都ステーションはそんなイメージを完全に払拭するおしゃれホテルでしたのでご紹介します。

私が利用している予約サイト「Trip.com」は他サイトに比べてお得なプランが多数ありますので是非利用してみて下さい。

 

建築概要

建築主:サムティ

設計:東洋設計事務所

施工:野村建設工業

階数:地下1階、地上10階

延床面積:8535㎡

まず立地ですが、京都駅から徒歩7分から10分くらいです。

めちゃくちゃ駅前というわけではないですが、不便というわけでもありません。

京都駅前はホテル激戦区であり、低価格帯のホテルとなると八条口にたくさん建っています。立地で言うとそれらには分が悪いといえます。

建築主のサムティはホテル事業をこじんまりとしている会社です。最近ホテル事業に力を入れているようです。

外資系ホテルの誘致は初めてです。

客室数は225室の宿泊特化型ホテルで、1階にはトラットリアM KYOTOというレストランを併設しています。

チェックイン

エントランス

チェックインでまず問題だったのが、エントランスです。

このホテルは大通り沿いに面しているのですが、大通り沿いは思いっきりレストランの入り口となっており、ホテルの入り口は裏口です。

この設計はどうなのでしょうか。普通は大通り沿いにホテルもレストランも両方入り口があるものですが、あえてこの設計にした理由を聞いてみたいものです。

ただ、それによってホテル入り口には車寄せが設けられていて、タクシーで来ても雨に濡れません。

このくらいの価格帯のホテルで車寄があるのは珍しいです。

エントランスからして非常にインテリアが凝っています。

シンプルでおしゃれという感じでなく、カラフルで煌びやかな雰囲気です。

オープン間もない時に行ったので、花がまだ出ている状況でした。

ワーキングスペースもあり、Macが置いてあり自由に使えます。

この辺は外資系ホテルっぽい設備ですね。

スタッフの方は外国人の方の割合が高く、少し心配しましたが特に問題なくチェックインはできました。

12時半ごろ到着したにも関わらず部屋は準備できているとのことで、部屋に通してもらえました。

ロビーから降りる階段があり、その先にはラウンジがあります。

ラウンジと言ってもドリンクや料理が頼めるわけではなく、単純にスペースが用意されているだけです。

飲み物を買ってきて飲むのはOKとのことなので、好きに使えば良いみたいです。

ドリンク販売すればいいのにと率直に感じました。

しかし、このラウンジもインテリアは頑張っています。

別にいらなくね?という装飾が多用され、ハイセンスな感じです。

EVロビーも力入っています。

いちいち写真映えするホテルですね。

客室

客室も色んな色が使用され、おしゃれな雰囲気です。

ソファはめちゃ固かった。。。

テレビ周りの内装は素敵だと思いましたが、テレビ横の木の格子状のものは強度的にかなり不安でした。

小さい子がはしゃいだら簡単に折れるでしょう。

ミニバー周りもあまり見ないインテリアでした。

ケトルはデロンギでホテルの格の割に良いです。

最近のホテルで多いバスタブがないタイプです。

私はこの設計は好きです。

これくらいの格のホテルに泊まるとき、わざわざお湯をはって風呂に入るかというと入らないことが多いので、割り切ってシャワーのみにして部屋を広くするのは非常に合理的と感じます。

アメニティについては歯ブラシが最悪で、磨いたら毛が抜けるという粗悪品でした。

ドライヤーはあまり見ないやつでした。

とんでもない暴風タイプのドライヤーでした。品はないですが、面白いです。

まとめ

今回はTrip.comの先行販売プランというもので宿泊しました。

夕食がついて9000円というお値打ち価格です。

私が利用している予約サイト「Trip.com」は他サイトに比べてお得なプランが多数ありますので是非利用してみて下さい。

 

夕食の写真は撮り忘れてしまいましたが、普通においしかったです。

レストランもおしゃれなので、女子会や合コンで使えるでしょう。味はそこまで期待しないほうが良いかと。

とにかくおしゃれでキラキラしたホテルで、インテリアデザイナー頑張ったなという印象です。

京都のホテルはナチュラルな配色で和モダンな内装にしがちですが、うるさい系の内装であるこのホテルは珍しい存在で他との差別化がしっかりできていて良いと感じました。

外資系の京都のホテルって、強烈な和要素を入れてくるので意外です。

設備はレストランくらいしかないので、サービス面で残念な思いをするリスクも少ないですし気軽に京都観光で使える良いホテルと思います。

もう少し駅から近かったらなお良しです。

総合評価

立地:★★★☆☆

ちょっと京都駅から遠いですね。

サービス:★★★☆☆

やや不安定なサービスでした。

客室、設備:★★★★★

価格を考えると非常によくできたホテルだと思います。

コスパ:★★★★☆

コスパは良いです。特にちょっと楽しいホテルステイがしたい観光客に良さそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました